大阪弁天町「築港麺工房」はレトロ感溢れる建物で美味しいうどんが食べれる


近所のランチシリーズですが、今回弁天町というよりは、大阪港・天保山に近い、一風変わった建物で営業されているうどん屋さんでございます。

大阪弁天町「築港麺工房」

店先。歴史を感じさせる建物で、今流行りの「逆に」お洒落タイプど真ん中直球ストライクなデザイン。

メニュー。

メニュー裏にはお店のこだわり。

注文は食券形式です。

食券購入して注文するとここにもレトロが。番号札を渡されるのですが、銭湯の靴箱の鍵スタイルでした。ナイスレトロ。

この日はお腹が空いていたので、ちく天きつねぶっかけうどん+小丼のセット、さらに麺大盛りを注文。

麺はもっちりとしていて、しっかりしたコシもあり、大盛り+丼はさすがにお腹がかなりいっぱいになりましたが、美味しかった!

一緒に行った友達は、「メガマックス麺」という化け物みたいなうどん注文してました。彼曰く、「いつまでたっても麺が出てこない」とのこと。しかし出汁こぼし過ぎな。

ちなみにお茶(ルイボスティー)が飲み放題です。初めて飲みましたが意外といける。

海遊館が近いこともあり、家族連れや観光客で非常に繁盛しているお店でした。

うどんはちゃんと注文してから麺を茹でてくれるので、多少時間はかかりますが、できたての美味しいうどんが食べられます。

ちょっと自宅からは離れているので、気軽には行けないけど定期的に行きたい。飲んだ次の日のお昼ご飯に食べたい。元うどん屋の僕も納得のお味でした。

築港麺工房

住所:大阪府大阪市港区海岸通1-5-25 築港ビル1F
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30、麺切れ次第終了)
定休日:無休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA